重曹で足の臭いをとる方法!簡単なケアはこれ♡

重曹は家にあると使い道が色々あってとにかく便利なものです。

お菓子を作る時や掃除や洗濯、うがいや手洗いと万能にも程があると言ってもイイ♪

そんなまるで魔法の粉のような重曹を使って足の臭いをとる方法、簡単なケアについてご紹介しましょう。

夏は足もジメジメして汗ばみますから、臭いも気にしないとね。

とにかく簡単にできることが重曹のスゴイところです。

今日からでもすぐに試すことができる簡単なケア方法はこれ!

【スポンサードリンク】

重曹の足湯で足の臭いを撃退!!

重曹を使った足の臭いをとる簡単ケア方法はこれです。

・洗面器やバケツにお湯を入れる
・大さじ2杯~3杯くらいの重曹を入れて混ぜる
・足を浸して10分~15分入れておく

たったこれだけなんですよ。

簡単過ぎて呆気ないくらいですが、石けんで洗っても臭うような強い足の臭いでもこれだけで消えてしまいます。

重曹は炭酸水素ナトリウムという物質で、食品にも使用されるものなのでとても安全です。

洗浄効果もありますし、脱臭効果もあるので、幅広く利用されているんです。

足の臭いのもとは弱酸性の物質が原因になるので、弱アルカリ性という特徴を持った重曹は足の臭いの原因そのものを中和するので臭いをとる効果があるんですよ。

【スポンサードリンク】

重曹で足の臭いをとる方法簡単ケアはこれもおすすめ

重曹を使った足の臭いをとる方法として、重曹を使って靴や靴下を洗うのも効果ありです。

スニーカーなど家でガンガン洗える布製の靴なら、重曹水を作って浸してから洗うと臭いの元を消せます。

靴下にも臭いのもとになる細菌が残っていると、戻り臭という足の臭いがひどくなる原因になるのです。

足の臭いが気になる時は、重曹水を作って靴下を浸してから洗濯すると戻り臭を予防することができます。

簡単ケアはこれだけじゃありません、重曹を混ぜた水をスプレー容器に入れて、足に直接ふりかけたり、脱いだ靴の中にプッシュします。

これだけでもキツイ臭いを解消することもできますよ。

足の臭いには油断は禁物です!

夏じゃなくても女性の場合はブーツを履く季節など、足の臭いには一年を通じて油断できませんよね。

重曹を入浴剤の代わりに使用するといつでも臭い対策ができます。

ドラッグストア、ホームセンター、100円ショップ、スーパーなど、どこにでも売っている重曹なので便利に使ってみましょう。

足が汗で蒸れやすい時は素足で靴を履かないようにしたり、五本指ソックスを使ったりして臭いの原因になる細菌が繁殖しないように予防することも大切です。

【スポンサードリンク】

重曹を使った簡単なケア方法と併せて、足の臭いの悩みを吹き飛ばしてくださいね。

合わせて読みたい記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − eight =