除光液の代わりはアルコールやエタノールでいけるの?マニキュアの落とし方の裏技

マニキュアを塗っていて、はみ出して失敗してしまうなんてことはよくあることです。

どんなにキレイに塗ったとしても、しっかり乾く前に擦って部分的にはがれてしまうこともありますよね。

上から重ねて修正するよりも、一旦きれいに除光液で落としてからマニキュアを塗り直した方が早いこともあります。

そんな時「家に除光液がない!」なんて困ってしまった時には代わりはどうしたらいいのでしょう。

消毒用のアルコールやエタノールなどで除光液の代わりになるものは作れないのか、それとももっと手軽な除光液の代わりになる方法があるのか調べてみようと思います。

【スポンサードリンク】

除光液の代わりにアルコールやエタノールを使用することは?

除光液が家にない時にアルコールやエタノールがあるというのは、おそらく消毒用に使用するタイプのものでしょう。

アルコール分の高いものであれば、除光液の代わりにすることは充分可能です。

消毒用のものでなくても、例えばアルコールの高いコロンでも除光液の代わりにすることもできます。

エタノールも、例えばマニキュアを塗る前に、キレイにマニキュアが密着するように爪に残った油分を落とすために使うことがありますが、そのエタノールの代わりに除光液を使うことがあるので、逆の場合でも使うことはできるようです。

除光液は臭いがきついものが多く、部屋の中に臭いが残って使いたくないという人は、あえてアルコールやエタノールで除光液の代わりとして使用していることもあるので、もしも家に除光液がない時にアルコールやエタノールが常備してあったら使ってみると予想以上に使えるのではないでしょうか。

【スポンサードリンク】

アルコールもエタノールもない時は?

マニキュアを落としたい時に除光液がなく、あいにくアルコールもエタノールもない時は、諦めるしかないのでしょうか?

いえいえ、まだ他の手もあります。

マニキュアを塗る時には、ベースコートやトップコートを使うこともあると思いますが、ベースコートやトップコートを塗って乾く前にコットンやティッシュペーパーで擦り取る方法です。

ベースコートもトップコートもない場合は、マニキュアを塗って乾く前に剥がし取ります。

ただし、この方法はあくまでも緊急処置なので、キレイに落とすのはかなり難しくなります。

この方法である程度剥がし取ってから、ぬるま湯にゆっくり浸しながら落とすようにします。

この方法でマニキュアを落とすと、爪の表面が傷んでしまうので、落とした後はネイル用のクリームやオイルを塗り込んできちんとアフターケアをすることも忘れないようにしてくださいね。

マニキュアをする時は準備も忘れずに

除光液がない時の対処法についてご紹介してみましたが、マニキュアを塗る時には除光液など必要なアイテムを揃えておく習慣をつけておくのが安心です。

【スポンサードリンク】

コットンに除光液が含ませてある携帯用のネイルリムーバーを一つ化粧ポーチに入れておくと、慌てることもなくなると思います。

合わせて読みたい記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 3 =