レーザートーニングとは?意味を理解して正しくトーニングをしよう!

レーザートーニングとはどういう意味かご存知でしょうか。

レーザートーニングは別名スタックトーニングとも呼ばれている美容皮膚施術の一つです。

レーザーを美容皮膚科で用いる場合は、脱毛やシミの除去がおなじみですが、それとは少し違った施術方法のようです。

どのような効果があるのか、その意味を知ることで美肌への取り組みが一歩進むかも知れませんよ。

【スポンサードリンク】

レーザートーニングを行う意味は?

レーザートーニングという施術は従来のレーザー治療では行うことができなかった肝斑の治療に使用できるのです。

肝斑とは30代以降の女性に多くなる両頬の色素沈着です。

日本人の女性の約40%が肝斑の悩みを抱えていると言いますが、なかなか効果的な治療法がないのが現状でした。

色素沈着なのでシミと同じようにレーザー照射で治療できそうに思いますが、従来のレーザー照射では肝斑に限っては逆効果になる可能性が高かったので、難しい治療だったのです。

肝斑の治療には内服薬を使用するのが一般的でしたが、長い期間服用し続けなければ改善されないことも多く、多くの女性を困らせてきたのです。

レーザートーニングは従来のレーザーとは違って、肝斑の治療に使用できるレーザーとして開発されたものです。

非常に弱いレーザーを使用してメラニンを徐々に減らしていきますが、肌に負担が少ないという特徴があります。

今までの肝斑治療と比較して、飛躍的に効果が高まり、治療期間も短くすることができるようになったんです。

レーザートーニングの治療方法や費用は?

レーザートーニングの肝斑治療を受けられる美容皮膚科はネット検索をすれば簡単に見つけることができます。

ただし、まだまだ最先端のレーザー治療マシンなので、どこの美容皮膚科でも行えるわけではないので、治療の回数や費用に

ついてきちんと下調べして選ぶようにすることが大切ですね。

レーザートーニングを行う回数は平均すると4回~5回くらいです。

1回の施術の費用はクリニックによって差がありますが1万円~2万円程度が多いようです。

必要な施術回数の費用をまとめると1回の費用が安くなるケースが多いので、しっかり通えるクリニックを選ぶようにしましょう。

【スポンサードリンク】

肝斑の予防も同時に行っていこう

肝斑の治療が進化したことは嬉しいことですが、できれば肝斑ができないように注意していきたいですよね。

予防できる方法があるのなら、それも同時進行で行っていくことです。

肝斑の原因は色々ありますが、一番大きな原因は女性ホルモンの減少によるものです。

30代半ばになると肝斑が増えて、閉経後にしばらくすると肝斑は自然に消えるということから女性ホルモンが大きく影響すると考えられます。

もちろん紫外線や摩擦、血行不良などほかの原因も沢山ありますが、女性ホルモンの減少が始まる年齢に差し掛かっているのなら、ホルモンバランスが急激に変化しないようにすることが予防のカギになります。

豆乳やザクロなどエストロゲンの代わりになってくれる成分を含む食品を取り入れたり、カラダを温める生活を心がけるなど。

肝斑があると一気に老けた印象になってしまうので気をつけていきたいですね。

【スポンサードリンク】

どうしても改善できない場合は、レーザートーニングという頼れる治療があるので心強いのでは。

合わせて読みたい記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 − seven =