酢リンスの効果!抜け毛やアロマとしても効果絶大な酢リンスを徹底解説

ヘアケアの基本として、毎日のシャンプーをすることは当たり前のことですが、最近ではシャンプーやリンスなどに含まれる化学成分が頭皮や髪にダメージを与えてしまい、抜け毛の原因になっていると言われています。

ノンシリコンやアミノ酸シャンプーなど、頭皮にダメージを与えないタイプのヘアケア製品が話題になっていますね。そこで酢リンスという斬新なヘアケア方法が注目されているんです。

酢リンスには抜け毛を予防する効果があり、アロマオイルと混ぜて使うことでさらに美髪効果が期待できるんだとか。酢リンスの効果について色々調べてみました。抜け毛やアロマにも効果がありますので良かったら参考にして下さい。

【スポンサードリンク】

酢リンスは弱酸性にすることができる

頭皮や髪など、人の肌は弱酸性の状態に保たれているのが理想的な状態です。
しかしシャンプーで髪を洗った後はアルカリ性になっています。
酢リンスを使うことで、アルカリ性の状態から弱酸性に戻すことができるんです。

とくに頭皮は弱酸性の状態に保つことが抜け毛を予防するのに大切なポイントなので、酢リンスは薄毛予防も期待できるヘアケア方法なんです。しかもお酢にはコラーゲンなど髪や頭皮をしっとりとさせるために必要な成分のもとになるアミノ酸が豊富です。

化学成分ではなく、口に入れても安全なもので頭皮と髪をケアするのは、美しい髪と健康な頭皮を保つために効果があるのです。

お酢の種類によって効果が違う

酢リンスに使用するお酢はとくに決まったモノがあるわけではありません。

米酢、黒酢、リンゴ酢など、色々な種類から好みのモノを選べばOKですが、お酢のニオイが苦手な人はマイルドなフルーツのお酢を選ぶ方が使いやすいと思います。

お酢のニオイが苦手ではない人はアミノ酸の含有量が豊富な黒酢を使ってみましょう。
ニオイが克服できない人は、香りを楽しめるアロマオイルと一緒に使うようにすればツンとくるニオイをカバーできるし、アロマの効果でリラックスできるのでおすすめです。

【スポンサードリンク】

酢リンスの使い方

酢リンスの方法は、洗面器の3分の1程度のお湯にお酢を大さじ1杯から2杯程度(15cc~30cc)を入れて、髪と頭皮に少しずつ馴染ませるようにします。

頭皮のマッサージをするようにして浸透させると血行も促進されて抜け毛予防にもなります。

アロマオイルを混ぜる場合は、好みの精油を1滴~2滴入れるだけです。
アロマオイルも好みの香りを選べますが、抜け毛を予防するのならローズマリーやクラリセージのような女性ホルモンの働きをサポートする効果のあるものを使用すると良いでしょう。

酢リンスの効果を高めるためには、石油系界面活性剤や鉱物油などを使用していない石鹸シャンプーやアミノ酸系シャンプーと一緒に使うのが良いので、シャンプー選びにもこだわってみてください。

【スポンサードリンク】

シャンプーを使わない「お湯シャンプー」も酢リンスと相性が良いので、思い切ってトライしてみるのもイイかも知れませんよ。

合わせて読みたい記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 + five =