スクワットチャレンジの効果とやり方!太ももが大きくなってくるのは仕方ないの?

アメリカで大流行しているスクワットチャレンジについて興味ありますか?

スクワットチャレンジは、いわゆるあのスクワットの効果でヒップアップさせるというエクササイズです。

水着やスリムなパンツをかっこよく着こなしたいアナタは気になるのではないでしょうか。

30日間スクワットチャレンジで美しいヒップを手に入れている女性が続出しているので、日本でもブームの予感なのです。

スクワットチャレンジの正しいやり方や効果、そして太ももへの影響など気になることを調べてみました。

【スポンサードリンク】

スクワットチャレンジの効果とは?

スクワットのやり方は、両脚を開いて立ち、腰を落としてお尻や太ももの筋肉に負荷を与えるという方法です。

アメリカ発の30日間スクワットチャレンジでは、毎日徐々にスクワットの回数を増やして、30日経過した時には1日250回のスクワットができるようにするというやり方です。

お尻と太ももには人間の身体の中にある筋肉の内、大きな筋肉が集まっている部分なので、スクワットチャレンジによってこの部分を集中的にトレーニングすることは筋肉量を増やして基礎代謝を上げる効果があります。

基礎代謝が高い状態が維持できるようになると、同じ量の食事を食べていても太りにくくなります。

そしてお尻の筋肉と、お尻を支える太ももの後ろ側に筋肉を鍛えることで、メリハリのあるヒップラインになることができるんです。

スクワットチャレンジのやり方

スクワットチャレンジは30日間の目標を設定して行います。

・1日目は50回のスクワットをします。
・翌日から徐々に回数を増やします。
・30日目には250回できるようになればOK!

たったこれだけなのですが、1日50回のスクワットでもキビシイと感じる方は、何回かに分けて行えばいいのです。

必ずまとめて行わなければいけないわけじゃないので、1回ずつ、25回ずつから30回ずつと徐々に増やしていけば大丈夫なんですよ。

目安のペースとしては、1日5回ずつ回数を増やせば30日後には250回が達成できます。

スクワットは正しい方法で行うことで効果も倍増するので、正しい姿勢で行うようにしましょう。

【スポンサードリンク】

スクワットは太ももが太くなるのがデメリット?

スクワットのやり過ぎは太ももの筋肉が大きくなりすぎて、太くなってしまうのがネックだと言われています。

ヒップアップに成功しても、太ももが太くなるのは困ります。

スクワットはやり方によっては太ももの前の筋肉ばかりが鍛えられてしまい、太くなる可能性もありますが、正しい姿勢で行うと太くなる危険は避けることができます。

アスリートが行うような筋肉を大きくするだけのスクワットではなく、背中からお尻、そして太ももの後ろの筋肉に効果のあるスクワットをするようにしましょう。

【スポンサードリンク】

お尻や太ももについた分厚い脂肪が燃焼して、太くなることもなくスッキリと美尻&美脚を手に入れることも夢ではありません♡

合わせて読みたい記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen + four =