肌のターンオーバーを促進する食べ物とは?化粧水がなくても美肌になる方法

女性であれば誰もが追い求める美肌。

今回は、美肌にはかかすことができないターンオーバーを促進する食べ物にスポットを当てていきたいと思います。

化粧水はあくまでも外側のケアですので、肌のもっと根本的な原因であるターンオーバーを促進するということが美肌を保つ上で一番重要です。

今回は、食べ物だけでなく、ターンオーバーの基礎知識からお伝えしていきますので美肌になりたい方は良かったら参考にして下さい。

【スポンサードリンク】

肌のターンオーバーとは?

まず、肌のターンオーバーってなに?って思う方がいらっしゃると思います。
肌のターンオーバーとは、皮膚の細胞が新しく生まれ変わることを意味し、ターンオーバー(新陳代謝)と呼ばれています。

私たちの肌の細胞は定期的に生まれ変わり新しいものを作っています!
それにより、綺麗な肌を保っていられるのです。

いくら化粧水などの外側からのケアをしても、ターンオーバー自体の周期が崩れてしまうと色々な肌トラブルに繫がります。

◆肌がガサガサ、カサカサになる。
◆シワが出来やすい肌になる。
◆大人ニキビが出来る。
◆シミになりやすい肌になる。

などの肌のトラブルに繋がってしまいます。ターンオーバーの周期は早くても遅くても肌トラブルなどに繋がってしまいます。正常に周期を保たないと意味がないのです。

肌のターンオーバーを正常化にするのは大変!

先程も書きましたが、一度ターンオーバーが乱れてしまうと、なかなか治しにくくなってしまい、治すまでに時間がかかってしまいます。

ターンオーバーのサイクルとして、個人差はありますが、大体28日周期が丁度いいと言われています。

これは、新しく作られた細胞が古い細胞を落とすまでの標準的日数になります。
ですので、早いのが良い、遅いのが悪いという訳ではありません。

なので、自然と正常化を促進させるには時間がかかってしまうということを覚悟して下さい。

【スポンサードリンク】

肌のターンオーバーを促進する食べ物

ターンオーバーの正常化は日々意識し、気をつけていかなければ促進させることは出来ません。
日常生活で出来る方法としては、睡眠、食べ物、運動、生活習慣の見直しが必要となってきます。

この中でも、睡眠や運動(軽いストレッチでもOK!)は適度に行うことで効果が現れます。

ターンオーバーの一番のポイントは食べ物

毎日口にする食べ物で、肌のターンオーバーがいかに促進に繋がるか変わってきます。
食べ物によってビタミンや栄養素など、身体に関わる効果がが変わってきます。
バランスよく摂取することで、ターンオーバーの促進に繋がるので、食べ物の役割をご紹介したいと思います。

お肉、魚、乳製品などに含まれているたんぱく質。

これは肌を作る元の成分となります。

ニンジン、カボチャなどの緑黄色野菜や海苔に含まれているビタミンA。

これは肌のターンオーバーを促進させ健康的に保つ効果があります。

キャベツ、じゃがいも、アセロラ、キウイ、レモン等の果物に含まれているビタミンC。

これはコラーゲンを作る働きに関わっている食材になります。

アーモンド、ピーナッツに含まれているビタミンE。

これは血行を促進し血の巡りを良くすることで肌に栄養分を送る働きがあります。

牡蠣、ほたて、カニ等の魚介類に含まれている亜鉛。

これは細胞同士の合成を促す働きがあります。

タマゴ、大豆製品、豆類に含まれているビタミンB群。

これは粘膜や皮膚を健康的に保つ働きがあります。

色々な成分の紹介をさせて頂きましたが、どれも日常生活で口にするものばかりだと思います。
好きなものだけ食べる、ファーストフードばかりで済ませるなどの偏った食事では、上に書かせてもらった栄養素が不足してしまっていると思います。

【スポンサードリンク】

いろんな物をバランス良く食べる事で体の内側から綺麗になりましょう。

合わせて読みたい記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × one =