湿気で髪がボサボサやチリチリになる対策方法を徹底伝授!

日本の夏は湿気が多く、ここ数年では高温多湿の亜熱帯のような夏になることも多くなってきました。

そんな時に困るのが湿気で髪がボサボサになったりチリチリになって広がってしまうこと。

せっかくスタイリングを頑張ったのに、家を出て少ししたらすぐに髪がボサボサになったりチリチリになるのを防ぐためにはどんな対策が効果があるのでしょう。

明日から使える対策方法など調べてみました。

【スポンサードリンク】

湿気で髪がボサボサ、チリチリになる原因は?

まずは湿気で髪がボサボサ、チリチリになって広がってしまう原因を探ってみました。

髪は水分を含むと髪の表面をコーティングするキューティクルが開いてしまいます。

表面のコーティングが開くことで髪の内部にまで水分が浸透して毛髪1本1本が膨張するので広がりやすくなるんです。

ボサボサ、チリチリになる原因は、表面のキューティクルが開くことで水分が部分的に多くなる部分とムラができるので真っ直ぐだったはずの毛髪がうねってしまいボサボサになってしまうんです。

もともと直毛の髪でも湿気が多いとうねってしまうので、クセ毛の場合は水分を含んでしまうとチリチリになってしまうこともあるんです。

逆にしっかり水分を含ませて毛髪の内部にまで浸透するとうねりはなくなりますから、中途半端な状態が一番広がりやすいのです。

【スポンサードリンク】

湿気で髪のボサボサ、チリチリを防ぐ対策方法は

湿気のある時でも髪がボサボサ、チリチリにならないための対策は、髪の表面のコーティング機能をしっかり守ることです。

キューティクルという天然のコーティングが健康な状態なら湿気が多くても簡単にはボサボサになったりしません。

キューティクルは塗れた状態では開いていますが、しっかり乾かすと閉じるので、髪はきちんと乾かすようにすることが大切です。

それでも広がったりするのは、キューティクルの機能そのものが破損している可能性があります。

ダメージを受けている髪の毛は、部分的にキューティクルが剥がれているのでそこから水分が入り込みやすくなります。

手っ取り早く湿気から髪を守るためには、オイルなどでコーティングする対策方法が有効です。

オイルは水分を弾く特性があるので、表面がオイルで守られていれば多少の湿気には負けません。

髪のダメージをなくすように、しっかりヘアケアすることも、湿気で髪がボサボサになったりクセでチリチリになるのを防ぐ対策には欠かせないことです。

ダメージのない健康な髪になれるように髪のお手入れも入念に行いましょう。

湿気と上手く付き合うためのには

外出先で髪がボサボサになってしまった時は、ソフトタイプのヘアスプレーとブラッシングである程度はサラサラにすることもできます。

それでも湿気に負けてしまう時は、思い切ってアップスタイルにアレンジしてしまう方がすっきりします。

【スポンサードリンク】

シュシュやバナナクリップなど簡単に髪をまとめられるアイテムを持ち歩くようにして、湿気で髪がキレイにならない時はサッとまとめた方が爽やかで見た目にも涼やかで素敵に見えるのではないでしょうか。

合わせて読みたい記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen − 4 =