成長ホルモンと睡眠!子供の睡眠の時間帯の重要性について

成長ホルモンというのは、子供が大人になるまでに盛んに分泌されるホルモンのことです。

大人になっても分泌が一切なくなるわけではありませんが、成長期の盛んな分泌とは比較になりません。

この成長ホルモンは睡眠と深い関係があり、子供の睡眠する時間帯の変化との関係が問題になっています。

そういえば、最近では深夜に子供が親と一緒にファミレスで夜更かししている姿も見かけることが多くなりました。

生活スタイルの多様化とともに、そんなパターンがあるのも仕方ないことですが、子供の成長に関係することなので少し理解しておくことも必要なのではないでしょうか。

【スポンサードリンク】

子供の成長ホルモンと睡眠の関係

身長を伸ばしたり、タンパク質の合成などを行うために必要な成長ホルモンは睡眠中(特に深い眠りの間)に多く分泌されます。

子供の場合では、深い眠りに入りやすいのが寝付いてからの2時間くらいだと言われています。

思春期になると深夜まで起きていることも多くなり、部屋を暗くしないままテレビをつけて眠ったりすると深い睡眠に入りにくくなるので成長ホルモンの分泌が少なくなる可能性があります。

スマホの画面を寝る寸前まで見ていると、脳が興奮状態のまま寝付くので深い眠りに入りにくいとも言われているので、生活リズムや睡眠に入るまでの環境も成長には大切な要素なんですね。

【スポンサードリンク】

子供の成長のカギとなる睡眠の時間帯

成長ホルモンの分泌を活発にして、子供の成長を促進するためには睡眠の質と時間帯が大切です。

ゴールデンタイムと呼ばれる時間帯があるのをご存知でしょうか?

22時から2時くらいまでの4時間をゴールデンタイムと呼ぶようになったのは、女性の美容から話題になりました。

成長ホルモンというのは成長期の子供じゃなくても分泌するものなんです。

成長ホルモンの役割は身長を伸ばすだけじゃなく、細胞分裂をさせて日中の疲労やダメージを修復するために必要だからです。

22時から2時までの4時間くらいが成長ホルモンの分泌がされやすくなる時間帯なのでゴールデンタイムと呼ばれるようになったのです。

子供が夜遅くまで起きていることは成長ホルモンの分泌を邪魔することになるので、早く寝かせる努力をするようにしましょう。

成長ホルモンの分泌を促すポイント

成長ホルモンが分泌されやすくなるためには、体内時計が規則正しく働くようにすることが重要なポイントとなります。

体内時計が正常に働くと、自律神経のバランスが整い、様々なホルモンの分泌もコントロールしやすくなるのです。

体内時計が乱れることで精神的な安定を失ったり、様々な体調不調を起こす可能性もあります。

朝陽を浴びると乱れた体内時計がリセットされやすくなります。

【スポンサードリンク】

カーテンを開けて朝陽を感じるようにして一日をスタートできるようにしましょう。

合わせて読みたい記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen − 1 =