生理前の豆乳は遅れる原因?豆乳の効果について徹底的に調べてみた

豆乳には女性ホルモンのエストロゲンと同じ効果があるイソフラボンが豊富に含まれているので、女性のホルモンバランスの乱れを整える効果があるということはご存知の方も多いでしょう。
女性がキレイになるために効果のある豆乳ですが、生理前に豆乳を飲むと生理が遅れる原因になるという説もあるんですよ。

生理周期は些細なことが原因で乱れてしまうことがあるので、生理前に飲む豆乳にもその原因があるのか調べてみました。

【スポンサードリンク】

豆乳と生理周期の関係

生理が遅れる原因はイソフラボンの摂取量

生理の周期は人によって差があります。
この差は生理開始から排卵までの期間の差があるからです。
排卵から生理開始まではほとんどの人が14日前後と大きな違いはありません。

生理開始から次の生理までの日数が生理周期となり、28日~32日前後が平均的な周期です。
この周期に間に豆乳を沢山飲むことで、排卵日が遅れる原因になる可能性があるのです。
ただ、これは過剰な量を飲んだ場合のことで、一日コップ一杯200ml程度の量なら毎日飲み続けても問題はいのです。

イソフラボンの効果で生理周期が整うことも

生理の周期がもともと規則正しくなく、毎月バラバラの周期になることが多い人は女性ホルモンのバランスが整っていない可能性があります。
豆乳を飲むことで、その周期の乱れが整う効果もあるのです。

豆乳を飲むことで生理が遅れるという説は、過剰な量を飲み過ぎた場合のことなので、適量を飲む場合はその影響は心配することもないでしょう。
生理前に飲むことと、生理が遅れるという関係は1日の摂取量70mg~75mgを守っていれば問題はありません。
イソフラボンの含有量は豆乳製品によって差がありますので、チェックしてから飲むのが安心です。

【スポンサードリンク】

女性ホルモンと豆乳の関係

女性ホルモンの低下による影響

女性ホルモンが少ないと、女性は体調にも影響が出てきます。
50歳前後の女性が閉経を迎える頃に起こる更年期障害がまさに女性ホルモンの減少によって起こる症状です。
これが閉経の年齢でもない若い女性にも起こる可能性になるのが、ダイエットによる栄養不足やストレスによる自律神経の乱れがホルモンのコントロールを失ってしまうことです。

エストロゲンという女性ホルモンが減少すると、コラーゲンやヒアルロン酸など肌の保湿成分を作り出す機能が低下して肌がカサついてしまったり、薄毛になったり、骨の代謝が低下して骨粗鬆症になったりします。
豆乳の含まれるイソフラボンは、このような女性ホルモンの低下による様々な影響を和らげる効果があるんです。

ホルモンだけじゃない豆乳の栄養

豆乳の栄養と言えばイソフラボンが真っ先に思い浮かびますが、それだけではないんです。
ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、グルタミン酸、アスパラギン酸、レシチン、コリン、カルシウムと豊富栄養を含んでいるんです。

【スポンサードリンク】

栄養サポートとして優秀なものなのですが、飲む量によっては女性ホルモンがバランスを崩す原因になる可能性があることを覚えておきましょう。

合わせて読みたい記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine + 19 =