ピルの副作用の吐き気!アンジュを使用の方へメッセージ

低用量ピルの中でもアンジュは利用者が多いお薬です。

安心で安全な避妊方法として定着しつつある低用量ピルですが、一方では吐き気などの副作用についてもまだまだ不安がある方も少なくないでしょう。

アンジュは避妊以外の目的でも幅広く使われていることもあり、飲んでいる女性が増えている反面、人には相談しにくいことから不安を抱えている方もいると思います。

吐き気など、アンジュを飲んでいる方の気になることをまとめてみました。

【スポンサードリンク】

ピルの副作用吐き気はいつまで続くの?

低用量ピルを飲み始めると、吐き気の症状を感じる人はかなり多いようです。

副作用として他にも頭痛や下痢なども報告されているようですが、吐き気やムカつきなど、まるで妊娠初期のつわりみたいな症状が出ることが多いので、「この状態が続くの?」と不安になることもあるでしょう。

低用量ピルのアンジュをはじめ、トリキュラーやマーベロンなど、他のピルでも吐き気を訴える人はいるのですが、1シートから2シートと飲み続けていくことで吐き気がウソみたいに消える人が多いんです。

飲み始めてしばらくガマンをすればなくなる症状だとわかれば、少しは安心できるのではないでしょうか。

吐き気がある人は、その対処法もあるので、一人でガマンしないで相談してみましょう。

ピルの種類別副作用アンジュの場合は?

国内で利用されることが多いアンジュは、低用量ピルの中でも3相性ピルというタイプです。

1相性と3相性ピルによって副作用にも違いがあり、吐き気の症状もそれぞれです。

アンジュの場合はアンジュ21とアンジュ28の2つのタイプがあり、飲み方が違いますが副作用についてはどちらのタイプでもそれほど大きな差はありません。

アンジュの副作用として不正出血、乳房のハリや痛み、吐き気、頭痛、嘔吐、悪心などがあります。

飲んでいる人の約10%から15%の人が多少なりとも副作用を感じていて、吐き気など気持ち悪さが出やすいようです。

【スポンサードリンク】

ピルの副作用で吐き気が強い場合は?

アンジュのように、ホルモン量が少しずつ変わる3相性ピルを飲んでいる人は、吐き気などの症状が強くなる時期もあり、軽くなる時期があるのでハッキリと副作用とわかりにくいケースもあります。

しかし吐き気が強く出る場合もあるので、その時はピルをアンジュを処方した医師に相談してみましょう。

低用量ピルはアンジュの他にも多種類あるので、他の薬に変更することで吐き気が軽くなることもあります。

しばらく飲み続けることでアンジュの副作用は軽くなることが多くても、身体に合わないケースもあるので無理してガマンを続けずに、自分の身体に合う薬を見つけられるようにしてください。

アンジュを飲んでいる方へ

アンジュは避妊を希望している人には安全な避妊薬です。

妊娠を望んだ時には薬をやめれば妊娠できる状態に戻るので、女性が自分の人生設計をするのに役立てられます。

【スポンサードリンク】

女性のデリケートな身体を整える治療にも使われるものなので、正しく安全に使用していきましょう。

合わせて読みたい記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × two =