ピルの副作用の吐き気は酔い止めを使用したらダメなの?

低用量ピルを服用している女性にとって副作用は心配なことですね。

ピルの副作用には吐き気や下痢など、苦しい症状が出ることもあります。

とくに吐き気は仕事など日常生活にも影響が出るかも?

乗り物酔いの時に飲む酔い止めで対処していいのか、それともダメなのかなど、副作用について調べてみました。

【スポンサードリンク】

ピルの副作用にはどのような症状が?

現在使用されている低用量ピルというのは、以前の中高用量ピルと比べるとホルモン量がかなり少なくなっているので副作用は比較的少なくなっています。

中高用量ピルでは体重増加や吐き気、頭痛などの副作用を起こす人がかなりの割合でみられたのですが、低用量ピルではその割合もかなり少なくなっています。

そして中高用量ピルは喫煙者のガン発生リスクが高くなるということや、血栓症の副作用の危険もありました。

低用量ピルではこのような怖い副作用は極めて少なくなったようですが、それでもゼロというわけではないので、注意して自分の体調を観察するようにしましょう。

安全で確実な避妊方法としてはもちろんのこと、月経困難症や子宮内膜症の治療にも使用されることが多くなっている低用量ピルです。

副作用の心配をクリアにして安心して続けたいですね。

ピルの副作用の吐き気を酔い止めで対処

ピルの副作用としては比較的多いのが吐き気です。

ムカムカとする吐き気は軽くても気分の悪いものなので、心配になってしまいます。

もしかしたら自分の身体に合っていないのでは?と思ってしまう方も多いようです。

吐き気でも嘔吐を伴うような強い症状の場合は医師に相談する方が良いと思いますが、軽度の吐き気だったら乗り物酔いの時に飲む市販の酔い止めを一緒に飲むことで症状を軽くすることができます。

ピルの副作用による吐き気は、ホルモンの変化による反応が原因になっているので、胃腸薬などでは緩和できないようです。

市販の酔い止めで効果がなかった場合は、医師に相談して吐き気に効果のある薬と一緒に処方してもらうこともできます。

【スポンサードリンク】

ピルの副作用を心配する前に

ピルは避妊目的の他にも、様々な婦人科系の治療に使われることがあります。

ただ、効果よりも副作用の問題の方が先に情報として見聞きする機会もあると思います。

リスクがあるなら飲みたくないと判断してしまうケースも多いようです。

しかし吐き気や頭痛のような軽度の副作用は、服用を続けているとウソのように感じなくなったという人も多く、ホルモンの変化に身体が馴染んでくるまでの短い期間だけの症状という場合もあるんですよ。

飲み始めて早い段階で吐き気などを感じた場合は、酔い止めと一緒に飲んでしばらく様子を見てみることで治まってくる可能性もあります。

避妊のストレスからの解放や月経に関するツラい症状の改善など、ピルの効果は女性にとってメリットも多いのです。

【スポンサードリンク】

副作用のことをきちんと理解すれば、ピルの使用への不安も解消できるのではないでしょうか。

合わせて読みたい記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen + thirteen =