男の美容院の頻度とは?女性にもてるメンズを目指そう!

男の人が美容院を利用することは、もう当たり前のことなので珍しくもありません。

しかも男性でもスキンケアをしたりする美容男子も急増中なので女性よりも美容院利用の頻度は短くなっているのかも?

モテるメンズになるため?それよりも自分自身の美しさを追求するため?

いずれにしても、男性のオシャレへの関心は女性に負けていないと感じるようになってきました。

モテるメンズを目指す男性に、オシャレ男子の美容院頻度を調べてみましたので一緒にチェックしてみましょう。

【スポンサードリンク】

男の人が美容院に行く頻度の平均世代差は?

男性が美容院や理容店に行く頻度の全体の平均は2か月に1回が約44%と最も高い割合です。

女性と比較すると男性の方が1か月くらい短い頻度で髪を切るようですが、これは短いヘアスタイルにすることが関係していると思います。

しかもこの頻度は年齢が上がるにつれて短くなっていく傾向にあります。

10代から60代の男性では、60代以上の人が美容院や理容室に行く間隔は40%を超えているんです。

年齢を重ねても身だしなみをきちんとしておきたい熟年男性が多いということなのでしょう。

これは若い世代の男の方も負けてはいられませんね。

【スポンサードリンク】

男の人が美容院に行く頻度として最適なのは?

男性が女性よりも美容室に行く頻度が高くなるのは、オシャレに気を使うこともありますが、短くカットしたスタイルは1か月でも変化が大きく見えるからでしょう。

ロン毛の男子なら気にならないかも知れませんが、襟足や耳の周りなどは1か月経てばかなり伸びてしまいます。

ヘアカラーをしている場合はさらに注意が必要です。

染めた髪の毛が伸びてきて、まだらになった髪の毛はとても不潔に見えるので女性にも不評だと思います。

・カットだけの短髪スタイル 2か月に1回

・カラーをする場合 3か月に1回

・パーマヘアにする場合 3か月~4ヶ月に1回

これ以上の期間をそのままにしていると、女性に不評な印象を与える可能性もあります。

自分では毎日見ているのであまり気にならないかも知れませんが、人にはだらしない印象を与えることもあるので、メンテナンスを怠らないように注意しましょう。

男が美容院利用の頻度が長すぎると?

男性でも女性でも、職業によっては見た目の印象がとても重要な場合があります。

接客業、飲食業、営業職など、人と接する機会が多い職業の場合は、モテるかどうかよりも職場で注意されることもあるので、清潔な印象を与えられるように、頻繁にヘアメンテナンスをするようにしましょう。

短くするスタイルは清潔感があります。

その清潔感をキープできるようにするためには、髪の毛の長さと同様に短いスパンで美容院に行くように心がけましょう。

【スポンサードリンク】

職場でも印象が良い男性は、モテる男になる要素もアップするのでは。

合わせて読みたい記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen − two =