オフィスホワイトニングは痛い?デメリットを知って正しい知識を!

第一印象を大きく左右する「白い歯」のこと、気にしていますか?

じつは日本では欧米と比較して歯の美容についてまだまだ後進国なので、審美歯科という分野の歯科医も少ないようです。

白い歯はそれだけで笑顔が魅力的に見えますからホワイトニングのついて興味を持っている方も増えているようですが、色々な疑問もあるようです。

ホワイトニングにはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングがありますが、オフィスホワイトニングには痛いというウワサも。

でもオフィスホワイトニングの方が効果が高いともいわれるので、痛いのはガマンした方が良いのか?というような疑問や不安です。

ホームホワイトニングと比較して、オフィスホワイトニングのメリットやデメリットをチェックしてみました。

デメリットがあってもトライすべきか、迷っている方は参考にしてください。

【スポンサードリンク】

オフィスホワイトニングが痛いというのはホント?

オフィスホワイトニングというのは歯科医で歯を白くするための治療をすることです。

ホワイトニングの方法は専用の薬剤を使い、さらに歯を白くする特殊な光りを照射することで短時間で白くする方法など年々進化しています。

自宅でも寝ている間にマウスピースに薬剤をつけて睡眠時間にホワイトニングをする方法と併用することもありますが、オフィスホワイトニングを数回受けるだけでも見違えるほど白くなるので早く白い歯を手に入れたい人には人気があります。

ただし、痛いというウワサについては個人差がありますが、かなり痛いと感じる人が多いのは事実です。

でも痛いのは、通常の虫歯の治療などとは違って、施術中よりも施術後の痛みの方が強く感じます。

いわゆる知覚過敏というような症状です。

・冷たいものを食べると痛い

・酸味のあるものを食べると痛い

・歯を磨くときに痛い

このような状態がしばらく続くことがあるのですね。

とくにオフィスホワイトニング後に痛いと感じる人に多いのは、歯周病の治療をしていないと強く痛みを感じる傾向にあるようです。

オフィスホワイトニングを受ける前には、歯周病のチェックをするので、歯と歯茎の状態が良くないとホワイトニングができないこともあるんです。

ホワイトニングには興味があっても痛いのは嫌だなって思っているのなら、まずは歯周病のチェックをしてみることです。

オフィスホワイトニングをした後の痛みについては歯科医でも丁寧に説明してくれますし、痛みがなくなるまでの専用の歯ブラシもあるので相談してみるとイイですよ。

あまりにも長く痛みが続くような場合は、知覚過敏の治療も行う必要があるかも知れません。

【スポンサードリンク】

オフィスホワイトニングのデメリットについて

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの違いは、即効性と費用があげられます。

オフィスホワイトニングの費用は方法や回数によって違いますが、相場としては5万円~10万円程度です。

1回2,500円とか低料金の審美歯科もありますから、一概には費用は比較できませんがホームホワイトニングとは比べられないほど高額になるのがデメリットでしょう。

でもホームホワイトニングは少なくとも1か月以上の期間をかけないと白くならないというデメリットがあるため、素早く白くするためにはオフィスホワイトニングの方がメリットがあるのではないでしょうか。

オフィスホワイトニングはデメリットは全くないわけではありませんが、確実にホワイトニングをするためにはプロにお任せする方が間違いないと思います。

【スポンサードリンク】

信頼できる審美歯科医を見つけることが安心してオフォスホワイトニングができるポイントでしょう。

合わせて読みたい記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × five =