妊娠中期の不眠症に悩む妊婦さんは意外と多い!安眠の秘訣とは?

妊娠初期は眠気が出やすくなり、沢山寝ても眠気が収まらないのが一般的です。

しかし、妊娠中期になるとなかなか安眠することができず、不眠症で悩む妊婦さんが多いのです。

身体も徐々に変わってきて、体系も変化してきたり出産への不安も出てくる頃なのに眠れない事で余計に不安になってしまうこともあります。

なかなか安眠する事ができないと、お腹の中にいる赤ちゃんに影響があるのではないか、と不安になる妊婦さんも多いと思います。

なぜ妊娠中期になると不眠症になってしまう妊婦さんが多いのでしょうか?

不眠症になってしまう原因と安眠できる解消ポイントをご紹介していきます。

【スポンサードリンク】

妊娠中期の不眠症になってしまう原因

妊娠するとホルモンのバランスが大きく変わるのですが、このホルモンバランスが睡眠と大きくかかわってくるのです。

妊娠初期時には「プロゲステロン」というホルモンが多く分泌され、眠気が出やすくなります。

このホルモンには身体を休ませようとする作用があるので日中でも眠くなる事がほとんどです。

しかし、妊娠中期になると「エストロゲン」というホルモンが更に分泌されます。

このホルモンには、睡眠を浅くさせるように働きかける作用があります。

これが不眠の原因の一つになっています。

なぜこのようなホルモンが分泌されるかというと、実は産後の子育ての為に分泌されているのです。

出産後は、赤ちゃんの授乳やお世話で小刻みに起きることが毎日続くのでなかなか眠れない日が続きます。

その予行練習として体を徐々に慣らしていっているのです。

不眠症の原因には、ホルモンだけが原因ではなく更に4つの原因があります。

頻尿

だんだんお腹が大きくなってくると、赤ちゃんが膀胱を圧迫するので頻尿になります。

その為、夜中にしょっちゅう起きてトイレに行く事が増えるのも不眠の原因になります。

こむら返り

夜眠っている時にこむら返りになると起きてしまい、なかなか眠れなくなりますよね。

こむら返りの原因は、運動不足やミネラル不足があります。

不安な気持ち

出産が徐々に近づいてくると、様々な気持ちが出てきて不安になり落ち着かなくなってきます。

気持ちが安定しないと安眠できないですよね。

ゆっくりと気持ちを安定させていき、少しでも安眠できるようにしましょう。

体系の変化

妊娠中期になると段々お腹が大きくなってきます。

今までうつぶせや仰向けで寝ていた方は、お腹が大きくなることで姿勢が苦しくなり快適な睡眠姿勢で眠れなくなる事があるので不眠の原因の一つになります。

このように、妊娠中期の不眠症には様々な原因がある事がわかりました。

では、どのように不眠を解消していけば良いのか5つのポイントをご紹介していきます。

【スポンサードリンク】

不眠症を解消する5つのポイント

快適な眠りを誘うポイントをまとめました。

寝る直前にパソコンやスマホを控える

パソコンやスマホからでるブルーライトは睡眠への影響が非常に大きく不眠症の原因になります。

就寝する2時間前には、パソコン・スマホの使用を控えて安眠できるようにしましょう。

音楽を聴いたり読書をする

気持ちがゆったりする音楽や自分の好きな本を読み、気持ちをリラックスさせましょう。

リラックスすることで脳の熱を冷まし、眠りに入りやすくなります。

お腹を空かせない

空腹を感じるとなかなか眠れず、空腹のストレスが眠気を妨げてしまう原因になります。

バナナなどの果物を食べたり、ホットミルクやココアなど温かい飲み物を飲んで軽くお腹に入れると眠気を誘ってくれます。

寝やすい体勢で寝る

お腹が大きくなると、いつもの姿勢で寝れなくなるのでなかなか安眠できませんよね。

抱き枕などの安眠グッズを使って、寝やすい体勢を見つけましょう。

無理して眠らない

どうしても眠れない時は、無理して寝ようとしないようにしましょう。

横になって休んでいるだけでも違いますよ。

眠れないストレスを抱えてしまう方がよくないので、妊娠中だから!という気持ちで割り切りましょう。

妊娠中期の不眠症には様々な原因がある事がわかりました。

睡眠不足は、医学的に赤ちゃんへの影響もないという事がわかっているので安心してくださいね。

不安な気持ちやストレスを感じる方が赤ちゃんに影響を与えてしまうので、妊娠しているので当たり前の事!と割り切るのも大事です。

【スポンサードリンク】

少しでも安眠できるようにして、快適な妊婦生活を送りましょう。

合わせて読みたい記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × one =