黒染め後のカラーの注意点!期間などを間違うと大変?

就活、面接、実習、校則などの理由で、今まで染めていた髪の毛に黒染めを余儀なくされた方いると思います。
ですが、黒染め後のカラーはプロの美容師さんでも、明るくしようと思ってもきれいに染めることは難しいものと良く聞きます。

黒染め後に期間をおいてカラーしてもうまく染まらず、失敗したという方も少なくないと思います。
黒染め後のカラーで注意すべき点をご説明したいと思います。

【スポンサードリンク】

黒染め後のカラーの注意点

ついついやってしまうのが、急に髪を染めたくなって、予約をしても取れなかったとかで自分で染めてしまう経験があると思います。

基本的に一度黒染めをしたら、しばらくは明るい色にカラーは出来ないでしょう。もとの髪の明るさによっても変わってくるので、個人差はありますが、元が明るいほど、黒染め後のカラーで明るくするのは難しくなります。

ですので、もしまた明るい色にする場合、黒染めではなくなるべく暗い色で明るさを落とすというやり方の方が、あとからまた明るく出来るのと、髪へのダメージが少なくて済むでしょう。

黒染め後のカラーはどのくらい期間を置けばいいのか?

もし、黒染め後にカラーをしたいという場合、どのくらい期間を置けばいいのかというのは実は非常に大切です。

すぐに黒染め後にカラーしてしまうと、黒の染料が髪に残っている為、綺麗に色が入らなかったり、ムラになってしまったりして、髪色が汚く見えてしまいます。そこで色が入らないからと言って何度も染めてしまうと髪にダメージを与えてしまい大変なことになります。

髪へのダメージが少なく、色が入る1番の方法としては、黒染めをした時の黒の染料が抜けるのを待つ!と言うのが髪に優しい方法だと思います。

髪はひとりひとりタイプが違うので、個人差があり、はっきり黒の染料が抜けるまではこのくらいという期間はわかりません。染料が抜けやすい髪質の人もいれば、抜けにくい髪質の人もいるので、抜けやすい人は少し期間を置いただけで、黒染め後のカラーの色が入るという場合もあります。

ですが、黒染め後は少しでも期間が空いた方が色が入りやすいそうです。

【スポンサードリンク】

黒染めの染料を早く落とす方法

そんなに待てない!という方もいると思います。

黒染めの染料を早く落とす方法としては、王道なものとしては、ブリーチや脱色剤を使用することですが、これは髪に大きなダメージを与えてしまいます。また、美容院で行う場合、ダブルカラーとなるので、料金も高くなってしまいます。なので、ダメージを与える覚悟で明るくしたい方以外オススメは出来ません。

お金をかけずに簡単な方法としては以下のようなものがあります。

・毎日のシャンプー
・アイロンやコテなどの熱を与える
・温泉やプールなどに含まれる塩素

時間はかかりますが、そこまで高く、このように髪にダメージを与えれば与える程、早く抜くことが出来ます。
しかし、髪へのダメージが大きい為、期間を空けずに取り掛かってしまうと大変なことになってしまいます。

【スポンサードリンク】

1番の方法としては、美容院に行き自分の今の髪の状態を調べてもらうことです。
どのくらい期間が空いてるなども含めて、髪質や傷みなどの状態も人によって個人差があるので、きちんと見てもらい、入りやすい色など相談した上で黒染め後のカラーをするのが1番のオススメです。

合わせて読みたい記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 − fourteen =