黒目の大きさが左右で違う理由とは?

黒目の大きさは左右同じだと思い込んでいる人が多いのですが、じつはよく見ると左右の黒目の大きさが違うことは珍しいことではないんです。

大きさだけじゃなく、黒目の位置や高さなど、左右対称なのが当たり前というわけではないので、少しの違いは気にすることもないのですが、視力にも影響が出る可能性もあるので大きく違う場合はちょっと気になります。

そこで黒目の大きさが違うのはどのような理由があるのか、調べてみました。

【スポンサードリンク】

黒目の大きさが違うのはなぜ?

黒目の大きさや位置が全く違いのない左右対称の人はそんなに多くはいないんです。

ほんの少しのズレや差はあるので、目立つほどなければ問題はありません。

しかし大きく左右が違う場合は、何か眼の病気では?と心配になりますね。

その原因として考えられるのが瞳孔不全という病気です。

黒目は光が入った時に開いたり閉じたりする瞳孔の機能に何か異常がある時に起こることがあるんです。

そのため、光りが入ってまぶしいのに上手く瞳孔が閉じないので視力が低下することもあるんですよ。

原因は神経に関係することもあるので、まずはその原因を突き止める必要があります。

それ以外にも、まぶたの筋肉が左右で違った動きをしてしまう場合にも、黒目の大きさに左右が違って見えることがあります。

まぶたの異常の場合は外科的な処置ができるのですが、瞳孔の機能に異常がある場合の対処方法は眼科医に相談して治療方法を見つけることになります。

気になる場合は早めに眼科医に相談することが良いと思いますよ。

【スポンサードリンク】

黒目の大きさが左右違ってくる原因はこんなことも?

今までは黒目の大きさのことを気にしたこともなかったのに、何かのきっかけで徐々に左右の大きさに違いが出てくることもあります。

しかもその原因に女性にはとても怖いことが含まれているのです。

それはカラーコンタクトの使用方法です。

カラーコンタクトは視力矯正のためのコンタクトとは違って、医師の処方は必要ありません。

ファッションアイテムの一つとして、簡単に手に入るものです。

しかし正しい使用方法を守らないことで、眼に重大な障害を及ぼす危険があるんです。

カラコンをきちんと管理しないまま使用して、細菌が眼に繁殖してしまうことで瞳孔の機能に障害が起こり、左右の黒目の大きさが違ってくることがあるんですよ。

ファッションアイテムとして安価で販売しているカラコンは、視力矯正用のコンタクトレンズとは違って、酸素透過性が低く、角膜にかなり悪影響があるので注意が必要です。

黒目の大きさが違うことが気になる場合

黒目の大きさが違うのが子供の頃からのことで、とくに視力も左右で大きな差がないなど問題のない場合を除いて、急に大きさの違いが気になってきたというなら、できるだけ早く眼科医を受診しましょう。

【スポンサードリンク】

もしも眼に痛みがある場合など、ほかの症状も気になる場合は市販の目薬などで様子を見るなんてのんびりしていないで、すぐに眼科医に診てもらうのが安心ですよ。

合わせて読みたい記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です