かかとの靴擦れ跡の予防方法について!しっかりとケアをしましょう

素足を見られる機会が増える夏は、かかとの靴擦れ跡は予防しておきたいですね。

パンプスやスニーカー、ローファーなど、どんな靴でも靴擦れを起こす可能性はあります。

キレイな素足になるために、靴擦れ予防の対策をしっかり行っていきましょう。

【スポンサードリンク】

かかとの靴擦れはサイズ選びが間違っている?

かかとの靴擦れを起こしやすいの、新しい靴の時です。

靴を買う時は、試し履きをしてから購入する人が多いと思います。

洋服よりも靴の方がフィッティングを確かめるのは重要なことだと誰しもわかっていることなのですが、試し履きをするのはごくわずかな時間ですよね。

その時に確認するのは、履くときにキツく感じないかどうか、そしてつま先があたって痛くないかどうかということなど。

しっかり確認したはずなのに、買ったばかりの靴を履いて歩いている内にかかとが靴擦れしてしまうことがあるのです。

靴擦れ予防のために試し履きしたはずでも、その靴で歩くことまでは試すことは難しいでしょう。

そのため、歩く時に擦れる部分を確かめることができないのが靴擦れを予防する難しさです。

サイズそのものは間違っていなくても、デザインによって歩く時にかかとを擦ってしまうことがあるのです。

靴擦れ跡が残ってしまった場合のケア方法

かかとに靴擦れの跡が残った場合は、その部分の色素が沈着して黒ずみがひどくならないようにお手入れをしましょう。

靴擦れ跡の黒ずみは、皮膚の代謝によって薄くなってくるので、角質が固くならないように保湿クリームを塗ってケアしてください。

美白効果のあるビタミンCを含んでいるクリームを使ってマッサージすることで、靴擦れ跡が残りにくくなりますよ。

新たな靴擦れを起こさないように、一度靴擦れしてしまった靴を履くのはしばらくお休みすることも必要です。

できれば靴擦れを起こした部分を保護するように、素足で靴を履くのも避けるようにすることです。

ドラッグストアでは、靴擦れ跡を保護したり、靴擦れを起こしにくくするようなテープも売っています。

靴擦れ跡を保護しながら予防もできるので、常備しておくと良いですよ。

【スポンサードリンク】

靴擦れ予防のためには長い時間履き続けないこと

靴擦れを予防するためには、新しい靴を履くときは長時間履き続けないことです。

まずは靴と足との相性を短い時間で試してから、徐々に慣らします。

短い時間でも、少し歩くだけでかかとが擦れてしまう場合は、残念ながらその靴は履かない方が安全です。

ただ、高価な靴の場合は簡単には諦められませんよね。

そんな時は靴の修理店などで直してもらうこともできます。

革製の靴の場合は、革を引っ張って伸ばすこともできますし、布製の場合も何回も履いている内に擦れなくなることもあります。

靴擦れをしてしまうのを完全に予防する方法は、自分の足の形に完璧に合った靴をオーダーメイドで作ることくらいしかありませんが、既製品の靴でも自分の足に合ったものを時間をかけて探すようにすることがポイントなのではないでしょうか。

女性の場合は少し痛くても気に入ったデザインなら我慢してしまう傾向にあります。

【スポンサードリンク】

でも、痛みを我慢して靴を履き続けることは靴擦れ跡を残してしまう可能性が高くなるので、無理はしないように気をつけてくださいね。

合わせて読みたい記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

6 − 2 =