ピルの 副作用!マーベロンとプラノバールについて

ピルは避妊目的で使用されることが多いですが、最近ではピルの種類もかなり増えてきて、不妊症の治療にも使われることがあります。

女性を苦しめる重い生理痛を軽くすることもできるピルは正しい方法で服用すれば安全な薬です。

しかし副作用について不安を感じるという方もいます。

安易にピルを飲むことについて抵抗もあるのかも知れません。

ここではマーベロンとプラノバールという二つのピルの副作用についてまとめています。

【スポンサードリンク】

ピルの副作用マーベロンの場合は?

マーベロンは超低用量経口避妊薬です。

体内で生成される女性ホルモンから作られています。

黄体ホルモンと卵胞ホルモンの二つのホルモンが妊娠している状態にして排卵を抑えるものです。

副作用については、卵胞ホルモンの量が影響します。

卵胞ホルモンを多く含む中用量から高用量のピルは副作用のリスクが高くなる傾向があるんです。

その点で、マーベロンは卵胞ホルモンの含有量が少ない超低用量なので副作用のリスクは少ないのです。

そしてもう一つ、マーベロンは男性ホルモンによる副作用のリスクを少なくするために第三世代の黄体ホルモンを使用しているのも特徴です。

1相性ピルなので、周期によって飲み分ける種類ではないので間違える危険もなく、ピルをはじめて飲む方にも安心できます。

副作用のリスクはとても低いマーベロンですが、飲み始めて数か月は吐き気や不正出血など、軽い副作用が出ることもあるので、全く皆無というわけではありません。

【スポンサードリンク】

ピルの副作用プラノバールの場合

プラノバールは経口避妊薬として処方されることもありますが、不妊症や更年期障害の治療にも使用されることがあります。

黄体ホルモンと卵胞ホルモンを補い、バランスを整えることで妊娠しやすいカラダ作りをすることに役立てられているのです。

目的によって飲み方が違いますので、適切に飲む必要はあります。

副作用には吐き気、嘔吐、乳房のハリなど、一般的なピルと同じく、女性ホルモンの変化による反応が起こす症状が出ることもあります。

持病がある方や、アレルギー体質など、副作用のリスクが考えられることがある場合は、きちんと医師に伝えるようにし、正しく服用すれば安全性の高いピルです。

ピルの副作用についてのまとめ

今回調べてみたマーベロンとプラノバールは、ピルの中でも副作用のリスクが少ないものとして幅広く使用されているものです。

マーベロンには男性ホルモンが影響するニキビにも効果があることや、プラノバールのように不妊に悩む女性や何年も不調が続くこともある更年期障害にも効果があるなど、単なる避妊薬ではないことがわかりました。

【スポンサードリンク】

副作用についていたずらに心配する必要はなく、医師の指導の下で安全に使用すればメリットになることも多いのではないでしょうか。

合わせて読みたい記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です