顔につける日焼け止めは下地と混ぜる?ファンデが先?日焼け止めの正しい塗り方と順番

天気も段々と暖かくなってきて、夏らしい気候になってきましたね。

そうなると、気になるのが日焼けです。

特に、顔は絶対に焼きたくないですよね。

これからの時期は、顔にも日焼け止めは欠かせない時期になってきます。

でも、日焼け止めを塗る順番って?化粧下地と混ぜるのはアリ?ファンデはいつ塗るの?

実は正しい順番を守らないと、せっかく顔に沢山塗っていても意味がなくなってしまうんです。

では、日焼け止め・下地・ファンデの正しい塗り方・順番をご紹介します。

【スポンサードリンク】

日焼け止めを下地と混ぜて塗るのはNG

普段しているメイクに、日焼け止めを塗る工程がプラスされるだけでも面倒ですよね。

ついつい、下地と日焼け止めを一緒にしてメイクされる方も多いかと思います。

しかし、この工程は実は一緒にしてはいけない工程だったんです。

では、日焼け止めと下地を混ぜてはいけないデメリットをご紹介します。

日焼け止め・化粧下地、それぞれの効果が発揮できなくなってしまうからです。

まず日焼け止めですが、既定の量を塗る事でSPF値を発揮することができます。

化粧下地と混ぜる事で日焼け止めの量が少なくなると、その紫外線防止効果が落ちてしまうからです。

日焼け止めは、顔の全体的に均一に塗る事が大切になってきます。

ですが、化粧下地はお肌の気になる部分をカバーするものなので、均一に塗るというのはなかなか難しいと思います。

それに、二つを混ぜることで化粧下地の本来の効果、肌を滑らかにしたり、ファンデのつきをよくするなどの効果が薄れたり、
商品同士の相性が悪いと、固まってしまうなどのデメリットが出てしまう事もあります。

どうしても、時間がない!という方には、化粧下地としても使える日焼け止めや、日焼け止め効果があるファンデを使うのがオススメです。

これらであれば、それぞれの効果が発揮できるように成分を調整してメーカーが開発しているからです。

決して自己流で、日焼け止めと化粧下地を混ぜて使う、なんて事はしないでくださいね。

では、日焼け止めはどのタイミングで塗るのが正しいのでしょうか。

【スポンサードリンク】

ファンデを先に塗るの?日焼け止めを塗る正しい塗り方と順番

結論から言うと、日焼け止めとファンデは、基本的に日焼け止めを先に肌に塗るのが正しい塗り方になります。

基本の順番がこちらになります。

①化粧水・乳液
②日焼け止め
③化粧下地
④ファンデ

日焼け止めの目的は日焼けを防ぐこと、化粧下地の目的は肌を整え、その後に塗るファンデーションをより密着させて持ちをよくすること、
そのためにファンデの直前に塗るのが効率的なのです。

さらに、日焼け止めを塗った上に化粧下地・ファンデを重ねることで、より効率的に日焼けを防ぐことができるという訳です。

では、次に日焼け止めの正しい塗り方をご紹介します。

上記でもご説明した通り、日焼け止めは既定の量を塗る事で効果を最大限に発揮できます。

均一に、ムラなく塗る事が重要になります。

また、日焼け止めの適量は1平方センチあたり2mgとなっていて、この量をつけて初めて日焼け止めのSPF値・PA値が効果を最大限に発揮できるのです。

顔全体だと、約0.8gが日焼け止めの効果的な適量となります。

これは、500円玉の大きさと同じくらいの量になります。

この量を一度に塗るのは難しいので、半分の量を2回に分けて重ね付けをし、適量を使うことで日焼け止めの効果を最大限に引き出しましょう。

①まず、使用量(500円玉の大きさ)の半分の量を手の甲にのせます。

②肌に日焼け止めを5点置きします。(おでこ・両頬・鼻・あご)

③肌の内側から外側に向かって手を大きく動かし、日焼け止めを広げます。

④再度、使用料の半分の量の日焼け止めを手の甲にのせ、肌に5点置きをします。

⑤先ほど同じように、肌の内側から外側に向かって丁寧に広げます。1度目以上に、小鼻なども指先を使って丁寧に塗りましょう。
その再、首やデコルテも忘れずに塗りましょう。

いかがだったでしょうか。

普段のご自身の日焼け止めの塗り方や、順番は合っていましたか?

日焼け止めを正しく塗り、紫外線から肌を守るだけではなく、さらに化粧の持ちも格段に良くしましょう。

【スポンサードリンク】

ムラなく綺麗に塗って、日焼け止めの効果を最大限に引きあげましょうね。

合わせて読みたい記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です