肌トラブルの原因と乾燥対策について!春・夏・冬のシーズン対策とは?

誰でも1回は、肌トラブルで困った経験があると思います。

肌トラブルには原因があり、きちんと対処すると、常に綺麗な肌を保つ事ができますよ。

特に、肌の老化を促進させる女性の大敵、「乾燥」で悩んでいる方は多いかと思います。

乾燥は、肌がカサつくだけではなく、化粧ノリが悪くなったり、シミやシワができる原因にもなります。

では、乾燥対策にはどのような方法があるのでしょうか?

また、季節ごとでも肌のシーズン対策があります。

春・夏・冬のお肌のシーズン対策はどのような対策をすると良いのでしょうか。

【スポンサードリンク】

肌トラブルの原因

肌トラブルの具体的な原因には、どのような原因があるのでしょうか。

肌トラブルは、体の「外側」からの原因と「内側」からの原因に分けられます。

「外側」からの原因には、紫外線や気温、エアコンなどの乾燥した風、環境の汚染、化粧品が合わないという原因があります。

「内側」からの原因で一番良くないのが、「偏食」による栄養のバランスが乱れる事です。

栄養のバランスが崩れることによって、皮膚に不可欠なビタミン類が不足してしまいます。

ストレス、睡眠不足、疲労の蓄積も原因の一つになってきます。

また、体の中の有害なものを解毒する働きがある肝臓が悪いと、肌荒れや様々な肌トラブルの原因にもなります。

正しい乾燥対策とは

多くの人を悩ませている乾燥肌も、しっかりとした対策をする事によって防ぐ事ができます。

乾燥した肌には、保湿剤で潤いを与えることが大切です。

保湿剤にはたくさんの種類がありますが、どの保湿剤にも肌のうるおいを維持する成分が入っています。

毎日こまめに塗る事によって保湿効果も持続的に得られるため、使い心地の気に入ったものを選んで使うようにしましょう。

保湿剤には、どのような種類があるのでしょうか。

ワセリン

皮膚の表面に油脂性の膜をつくり、水分の蒸発を防ぐ働きがあります。
        
保湿効果が高く刺激も無いのが特徴です。

セラミド

肌の角質の水分保持に重要な役割を果たす細胞間脂質物質の一種、セラミドを含んだ製品になります。

 保湿効果があり、皮膚に柔軟性を与えてくれます。

尿素剤

体内の水分を角質層に取り込んで、角質の固い部分を取り去る働きがあります。

尿素配合量が10%と20%の2種類があり、配合量が多いほど保湿効果が高いのですが、刺激が強く感じる事があります。

ヘパリン類似物質

角質の水分含有量を増加させて、皮膚の潤いを保ってくれます。

また、血行を良くする働きもあります。

様々な種類の保湿剤があるので、自分の肌に合ったものを見つけて乾燥対策をしましょう。

しかし、いくら保湿剤で沢山保湿しても、原因となる生活習慣を見直さないと根本的な乾燥を改善するのが難しくなってしまいます。

肌には、体の内側から栄養素をバランスよく補給し続けることが重要になります。

健康な皮膚を維持するには、コラーゲンをつくる材料となるタンパク質をはじめ、ビタミン類が役立ちます。

【スポンサードリンク】

春・夏・冬の肌トラブルのシーズン対策

肌トラブルも、それぞれシーズンごとに対策があるのでご紹介していきます。

春の肌トラブル対策

春の肌トラブルの原因の一つには「花粉症」があります。

肌に花粉が付着するとアレルギー症状が出て肌トラブルになる方もいるので、マスクで顔を保護しましょう。

ファンデーションもさらっとしたタイプを使うと、花粉の付着が少なくなります。

夏の肌トラブル対策

夏は、日焼け止めの使い方を間違っていて肌トラブルになる方が多い様です。

SPF(紫外線防御指数)や、PA(UVA防御指数)が高い日焼け止めは、その分肌への負担も大きいので、十分に日焼け止めが落ちていなかったりクレンジング剤で肌が乾燥してしまうトラブルが起きるのです。

日焼け止めは、SPFやPAが低い物を使い、こまめに塗りなおす事で肌トラブルを防ぐ事ができます。

冬の肌トラブル対策

乾燥がメインになる季節なので、油分の多いクリーム等でケアをする人が多いかと思います。

しかし、油分ばかり沢山塗っても、肌の内側の水分量は増えないので、逆にインナードライ肌を作ることがあります。

化粧水の利用量を倍にして、水分をたっぷり肌に含ませ、少量のクリームやオイルでフタをするようにケアしましょう。

このように、肌トラブルの原因を知る事で正しい乾燥対策をすると、肌トラブルがぐっと少なくなりますよね。

【スポンサードリンク】

1年中綺麗な肌を保てるようにシーズンごとのケアも大事な事がわかったので、正しくケアしていきましょう。   

合わせて読みたい記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です