デリケートゾーンの黒ずみケアにハイドロキノンは危険?正しい知識を知ろう

水着の季節になるとデリケートゾーンのケアは女性にとって欠かせません。

ムダ毛処理はもちろんですが、デリケートゾーンの黒ずみケアも見逃してはダメですよね。

黒ずみのケアは美白化粧品を使ってケアする方法がありますが、美白成分ハイドロキノンを含んだクリームなどでケアするのは危険なので、簡単に使用しないように注意が必要です。

デリケートゾーンの黒ずみをケアする正しい方法を調べてみました。

【スポンサードリンク】

デリケートゾーンの黒ずみの原因とは

肌の色素が沈着して黒ずみとなってしまう原因は、紫外線を浴びた時と同じくメラニンが発生するからです。

メラニンは肌を刺激から守るために生成されるものなので、日焼けをしなくても摩擦刺激などでも発生します。

だからいつも下着で隠れているはずのデリケートゾーンも黒ずみとなってしまう場合があるのですね。

締め付けるようなきつい下着をつけていたり、座っている時間が長い、自転車やバイクに乗るのが趣味など、デリケートゾーンが黒ずむ原因は色々あるのですよ。

ハイドロキノンってどんな成分なのか

ハイドロキノンは美白効果が高い成分として海外では有名です。

日本では医師の処方が必要な成分でしたが、2001年から化粧品にも使用できるように緩和されました。

しかし市販の化粧品に配合されるのはごく濃度が低いものなので、美白効果としてはそれほど強いものではありません。

日本で美白有効成分として認められているのは、メラニンの発生を防ぐタイプの予防美白成分がほとんどです。

しかしハイドロキノンの場合はすでに発生したメラニンも消す効果のある漂白タイプの美白成分です。

現在でも日本国内では濃度の高いハイドロキノン配合のクリームは医師の処方が必要なのは、それだけお肌に対するリスクが高いからなんです。

肌の弱い人は使用には十分に注意しなくてはいけません。

とくにデリケートな部分に使用する場合は、医師の指導のもとで安全に注意するようにしてください。

【スポンサードリンク】

デリケートゾーンの黒ずみケアの方法

デリケートゾーンの黒ずみをケアするためには、まずは刺激から肌を守るようにしましょう。

1.下着はコットンやシルクなど肌にやさしいものを選ぶ

2.生理用品は敏感肌用を選ぶようにする(布ナプキンなども○)

3.デリケートゾーンを洗う時は力を入れずに天然石けんでやさしく洗う

4.下着を洗う衣類用洗剤や柔軟剤は無添加のものを選ぶ

このように少し注意してみると、デリケートゾーンの黒ずみを解消、予防できる方法はいつくもあります。

【スポンサードリンク】

またシミやくすみと同じように、肌のターンオーバーを促進することも黒ずみケアには大切なことなので、カラダの中からのケアを心がけるようにしていきましょうね。

合わせて読みたい記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 + 15 =