赤ちゃんの枕は高い方か低い方かどちらがいいの?

赤ちゃんが使う枕を選ぶ時には、高い方が良いのか、それともほとんど高さのない低いものがいいのか。

一般的には高い枕を使うイメージはありませんが、どの程度の高さを選べばいいのか、赤ちゃん用の枕のポイントについてご紹介します。

赤ちゃん用の枕選びにお悩み中のママさんは、参考にしてみてくださいね。

【スポンサードリンク】

赤ちゃんは枕が高いと眠らない?

赤ちゃんはとにかく寝ている時間が長いのですから、心地よく眠れる環境を作ってあげないといけませんね。

枕が高い状態では、首の座っていない赤ちゃんは頭が安定しないのでぐっすり眠れないことがあります。

新生児から首が座るまでの期間は高い枕は使わない方が良いでしょう。

赤ちゃんがどちらか一方を向いて眠るクセがあり、頭のカタチがいびつになった場合はドーナツ枕を使うことも必要になりますが、明るさを追って一方ばかりを向くクセがついている場合もあるので、眠る向きを変えてあげることで改善できる場合もあります。

ドーナツ枕を使うことで頭のカタチがいびつになったり、絶壁になるのを防ぐことができるのは、赤ちゃんがおとなしく寝ていられる間だけなので、使える期間はとても短いものです。

赤ちゃんの時の頭のカタチは成長すると徐々にいびつさがなくなってくるので、気にしなくても良いというのが専門家の意見として多く見られます。

寝返りができるようになれば改善されていくことなので、神経質にならなくても大丈夫ですよ。

赤ちゃんの枕が高いと危険なの?

赤ちゃんには枕が必要ないと言う人も多く、実際に子育てママの多くが赤ちゃんには枕を使っていないそうです。

タオルを折って敷いているくらいで、高い枕を使っていることは危険だと言う意見もあるのです。

枕が高いと気道が圧迫されてしまい、呼吸が苦しくなるかも知れませんし、もしも吐き出したものが詰まった場合も危険です。

低い枕を使う必要性もないのなら、交換も簡単で肌触りの良いガーゼタオルを枕替わりにするのもおすすめの方法です。

【スポンサードリンク】

赤ちゃん用枕は成長に合わせて買い替えるべき?

赤ちゃん用の枕は、新生児から3か月ごろまで、首が座り始めてから寝返りができるまで、さらに1歳~2歳ころまでと、赤ちゃんの背骨や首の成長に合わせて高さを調整できるものを購入するのが便利です。

一つの枕で高さから形状まで調整できる便利なベビー枕が沢山あります。

成長段階でいくつもの枕を買い替える必要がないので経済的です。

赤ちゃんの眠りを妨げないように

赤ちゃんの枕の高さとしては、低い方が安心と考えているママが多いのは、単なる安全面だけではなく赤ちゃんはよく眠ってくれるということがポイントとなっています。

【スポンサードリンク】

低すぎて頭と首が安定しないのも良くないし、高いのは危険ということなので、程よい高さを見つけるためには調整可能な枕を使うことがムダがなく、赤ちゃんにもママにもメリットが大きいのではないでしょうか。

合わせて読みたい記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty − 4 =