赤ちゃんに快適な室温とは?温度調整をして夏・冬を乗り切ろう!

大人よりも体温調整が上手くできない赤ちゃんにとって、快適な室温はどのくらいの温度なのでしょう。

衣類や寝具で調整することもできますが、赤ちゃんの動きを妨げるようなことになるのは良くないですよね。

夏の快適な室温、冬の快適な室温はどの程度なのか、赤ちゃんの健やかな成長のために調べてみました。

過ごしやすい季節が終わる前に、確認しておきましょう。

【スポンサードリンク】

赤ちゃんが快適に過ごせる室温の目安

風邪をひかせたくないから室温を高くしてしまうと、寝ている間に汗びっしょりになっていたり、汗疹ができないように室温を下げていたら風邪をひかせてしまったりと、赤ちゃんが過ごすのに適した温度を見つけるのは難しいものです。

目安としては夏の間は26度~28度くらい、冬の間は22度~23度くらいが適度な室温だと言われています。

この温度は、省エネ温度とほぼ同じなので、最新のエアコンなら省エネ設定にしておけば赤ちゃんが過ごしやすい適温に保つことができますね。

赤ちゃんはとにかく頻繁にくしゃみをしますが、赤ちゃんのくしゃみの回数が多くても風邪と直結するとは限りません。

くしゃみと発熱、鼻水などが見られたら風邪の可能性もあるので小児科に受診してくださいね。

赤ちゃんがいる部屋は温度の調整と換気が必要

赤ちゃんに適温だと言われている室温を保っていても、赤ちゃんが汗ばんでいることもあります。

重ねて衣類を着せ過ぎていないか、寝具が厚いのではないか、時々チェックしてみましょう。

汗ばんでいたらこまめに着替えをしないと汗疹の原因にもなるし、風邪をひきやすいので気をつけてください。

頻繁に着替えさせるよりも、背中など汗をかきやすいところに取り換えしやすいガーゼを挟んでいくと便利ですよ。

そして温度設定を0.5℃単位で調整するようにしますが、時々換気をすることも忘れないようにしてください。

空気清浄機を使用している場合は別ですが、ウィルスやハウスダストが充満しないように空気の入れ替えも忘れずに。

【スポンサードリンク】

赤ちゃんの室内は温度と湿度を保ちましょう

赤ちゃんが過ごす空間は温度の調整も重要ですが、それと同時に湿度も保つことが大切なんですよ。

適度な湿度は40%~60%くらいです。

温度計と湿度計が一緒になっているものを使うと、両方チェックできるので便利ですね。

温度は体温調整がまだ上手くできない赤ちゃんにはとても重要ですし、湿度が低いとインフルエンザをはじめとする様々なウィルスが増えるので危険です。

生まれて間もない赤ちゃんは、母体からもらった免疫があるので感染しにくいですが、徐々に免疫が薄れていくので予防はとても重要です。

大人よりも危険度が増すので、ウィルスが増えないように湿度も保つようにしてください。

【スポンサードリンク】

デリケートな赤ちゃんの健康を守るために快適で安心の空間を作るようにしていきましょう。

合わせて読みたい記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 + eleven =